バーコードアイテム管理の決定版『整理整頓』
整理整頓トップページ 整理整頓の特徴 整理整頓の機能 整理整頓の体験版・カタログ 整理整頓の価格 整理整頓お問い合わせ

■まずは導入コストを押さえたい。
■とりあえず商品や部品のバーコード化を実現したい。
■将来的な業務拡張として効率化をはかりたい。
■基幹系システムのデータを活用してデータの一元化をしたい。
お客様の『いま』のスケールにあわせて機能を拡張できます。
すでにPCA商魂・商館やOBCの奉行シリーズでデータを管理されている企業様の場合、そのデータを活用してバーコード化することも可能!
独自の帳票や、指定されたフォーマットでの出力にも対応が可能です。 「まずは小さくデータ管理をしていきたい」
そんな製造業さま、物流業さま向けのスタートツールが『整理整頓』です。
バーコード管理システム 整理整頓

問題を解決する6つのコンセプト

整理整頓 6つの特徴1.お客様の業務を『調査分析』をします。

整理整頓のご導入の際、お客さまのご要望やヒアリングをもとに業務の調査・分析を細部まで行います。いまやるべき問題点を洗い出し、その業務に合ったシステムをご提供いたします。

2.同業他社の管理方法をアドバイスとして『ご提案』をします。

整理整頓は製造業や物流業に幅広くご利用されております。「他社ではどう管理しているの?」と疑問に感じるお客さまも少なくありません。他社の管理ノウハウからお客さまにあった管理スタイをご提案させて頂きます。

3.ご利用者の業務に併せた柔軟な『カスタマイズ』をします。

整理整頓は画面の追加や項目の追加をあらかじめ想定して1つ1つのモジュールを独立して開発しているソフトウェアです。固有業務あるいは基幹システムとの連携において柔軟に対応します。

4.アイテムをバーコード化して『業務の効率化』をします。

管理する部品数や商品数が増えると、その管理するアイテムに対してそれなりのスキルが要求され、特定の従業員だけの負担が増えてきて、時間的な制約が数多く存在してきます。整理整頓はアイテムをバーコード化することにより、業務の分散化と効率化を図ることができ、簡単に管理が可能となります。

整理整頓で在庫管理を効率化5.紙ベースや表計算から変えて『生産性の向上』をします。

システム化が進んでいる昨今、その現状に反して物流業や製造業では、未だに在庫管理を紙ベースや表計算ソフトで管理している企業が多々ります。整理整頓は分析ツールまで兼ね備えてり、データの管理に対しても万全の体制を整え、生産性の向上を見込むことができます。

6.声の届く『運用サポート』をします。

大手開発企業にありがちな『お客さまの声が開発者へ届きづらい』という問題をお聞きします。当社の整理整頓は自社でいちから開発を行っております。また開発者自らお客さまの現場に行っ問題解決を行って参りますので導入後のサポート体制も万全です。
整理整頓の機能と特徴 ■整理整頓の機能ご紹介
●顧客管理 ●商品・製品・部品管理 ●画像管理 ●部品構成の管理
●ロット管理 ●入出庫管理 ●アイテム移動量グラフ表示
●ビッキング業務 ●棚卸業務 ●各種帳票 ●配送先管理
●納品先管理 ●WEBでの在庫確認 その他
■整理整頓の特徴
他社のシステムと違って、Windows XPホームエディションなどのクライアント端末で動作いたします。
スタート段階では、サーバーの導入など一切必要ありませんので、まずは現在ご使用のパソコンでお使いください。 ■整理整頓の拡張
現在業務系システムをご導入の場合、そのデータを活用してバーコード化することが可能です。将来的な拡張性も備えており、業務スタイルにあったカタチをご提案いたします。


Warning: include(): http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0 in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/7/9/sd0482079/microbrain.jp/seiriseiton/index.php on line 212

Warning: include(http://www.microbrain.jp/foot.php): failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/7/9/sd0482079/microbrain.jp/seiriseiton/index.php on line 212

Warning: include(): Failed opening 'http://www.microbrain.jp/foot.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5.6/lib/php') in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/7/9/sd0482079/microbrain.jp/seiriseiton/index.php on line 212